エール株式会社

Supporter Interview

「30分の支援を通して、自分の”働く楽しさ”が見つかります」

YeLL-hayama

 

サポーターになった理由を教えてください

 

「働くことが当たり前に幸せであるという世の中をつくりたい」と考えています。そのためには、家庭や組織の中で、より良いコミュニケーションをとれる人が増える必要があると思っています。

 

組織でマネジメントをしていた時、コミュニケーションがうまく取れていないから、組織の中で問題が起こるんだ、ということに気付きました。独立したのも、「コミュニケーションによって起こる組織の課題をどうにか解決したい」と思って、コーチングを学んでからのことです。
良いコミュニケーションを受けて自分に起きた変化を実感し、その経験に基づいて自分も健全なコミュニケーションがとれるようになる。そんな「良いコミュニケーション」による、ポジティブなサイクルを実現したいです。

 

そして、それを大規模にやろうとしているのがYeLL。1人では難しくても、たくさんの人が集まれば「働くことが当たり前に幸せであるという世の中」に近づけると確信しています。そんな理由でYeLLのサポーターをしています。

 

 

サポーターをすることで、どんなことを得ましたか?

 

実際にやってみて、サポーターのような斜めの関係をもつということは、相手にとっても、サポーターである私にとっても、組織にとっても良い影響しかない、という確信が強まりました。

 

例えば、相手側がセッションを望んでいないことが、BtoBサービスであるYeLLでは発生することもあります。けれど、ただ雑談を外部の人としているだけでも、すっきりした、少し前向きな気持ちになれた、ということが起こるのです。
関わった方が少し前向きになるサポートができる、感じたことを言葉にしてダイレクトに感謝を伝えられる。1回たったの30分ですが、幸せの輪をつくって広げている感覚です。

 

そんなサポーターの活動を通して、私自身の貢献感が上がり、より前向きに楽しく仕事に取り組めるようになっています。

 

 

どんな人がサポーターに向いていると思いますか?

 

固定観念によって、自分を押し殺したり犠牲にする人があまりにも多いなと感じています。でもそうじゃなくて、誰もが当たり前に世の中とつながっていられる、誰もが自分らしい居場所と役割があって貢献できている、そんな世界がいいなと思います。

 

YeLLのサポーターは、そういう意味ですごく価値があります。基本テレワークだから、一度良いコミュニケーションをとるスキルが身につけば、場所関係なくサポーターとして活動できます。また、相手にも居場所と役割ができます。毎回電話をきるときに、「今日もありがとうございました」とお互い言うだけでも、すごく価値があることですよね。それこそ、みんなの幸福度が相乗的に増すと思っています。自分もそんな循環の中にいたいし、そんな世界を一緒に作りたいと思う、そんな人にぜひサポーターになってほしいなと思います。

 

 

【Profile】
羽山 暁子
株式会社Pallet 代表取締役
2003年、株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)入社。法人営業・採用人事を経験後、2011年、株式会社BrainPadに社員数50人のタイミングで転籍。人事部立上げ、マザーズ上場・東証一部への市場替えまでを人事マネージャーとして経験。2014年仙台へIターン。フリーで人事コンサル・エグゼクティブコーチとして活動後、2018年株式会社Palletを立ち上げる。「すべての人が自分を活かし、はたらくことを楽しむ社会を共に創り続ける。」という理念のもと、人事コンサル(評価制度策定・改定等) 、企業研修・コーチング、ファシリテーターとして東京・仙台にて活動中。

サポーターのお申込みはこちら