エール株式会社

Supporter Interview

「組織に必要なのは、”誰も置いていかないということ”だと気づきました」

hiroshi-kawamoto
 

サポーターになったきっかけは何ですか?

 
偶然会ったYeLLの代表からサービスの話を聞いたとき「大組織を変える唯一のサービスかもしれない」と共感し、サポーターになりました。
 
私は妻の妊娠を機に起業しましたが、それまでは大きな銀行に属していました。
その銀行を出る前も、出た後も、いつも強く思うのは、「大組織が変われば日本が変わる」ということ。大組織は、社会に対して計り知れない影響力を持っています。
 
では、どうやったら大組織が変わるのか。私はそれを、その組織の中で「未来に進みたい」と思っている1人ひとりが「自らの生き方」を取り戻すこと、だと思っています。
 
たとえば、、、私の友人の岡田さん。54歳のベテランです。
彼は去年、社内の新規事業コンテストに出場しました。その歳で出場する人なんて他にいません。
勝ち進んでいたのですが、残念ながら優勝はできませんでした。
 
でも、彼が心の底から悔しがっているのを見た時に、私はとても嬉しかったのです。
失敗しようが成功しようが、本人が心の底から思うことに取り組んで、そんな気持ちに根ざした行動をすることは、とても素晴らしいです。
 
そんな「自らの生き方」を1人ひとりの社員が考え体現することは、大組織を変えていくと思っています。
YeLLは、それを実現するサービスです。だからこそ、サポーターになりました。

 

サポーターをすることで、得たものはありますか?

 
大きく2つあります。
まずは、スキル。対話のスキルを学びました。YeLLでは毎回のセッションの有意義度を10段階で評価しているので、自分の対話スキルの可視化ができます。また、それだけじゃなくてその点数がどれだけ10点と差があるのか、その理由を言語化していくようなプロセスや、対話自体の振り返りを毎回実施するという考え方など、それらの方法はとても勉強になりました。今は自分でも実践しています。
 
また、普段接すことができない人と出会うことができました。私の組織の中のイメージは主に前職でつくられているのですが、様々な組織の人をお手伝いすることができるというのは、私が漠然と持っていた組織のイメージをクリアにさせてくれています。
 
私が普段会うのって、変化を求めている“変わりやすい人“だと思うのです。でも、組織には”変わりやすい“人ばかりではありません。どうしても”変われない人“もいます。”変われない人“が、無意識に望む未来に向かって変化できるようにお手伝いすることも、YeLLはできます。
 
 
この前会った知人が、”SDGs“についてこんなことを言っていました。
 
『”SDGs“の本質は、誰も置いて行かないということ。それに尽きます。』
 
まさに、この感覚をYeLLで得たと感じています。

 

どんな人がサポーターに向いていると思いますか?

 
精神的にも金銭的にも自立している人ではないでしょうか。でも、完全に自立している必要があるという意味じゃなくて、自分がそれらに関してどれくらい達していないのかということを考えて、その差分を認識しながら意図を持って生きている人だと思います。
分かりやすくいうと、“自分のことを理解している”、“変化できる”人です。
 
この前、私がサポートさせてもらっていた相手のことを思い出します。
なかなか自分のことを話してくれない人でした。自分の理論にこだわり、個別具体的なところは話しません。最初はぶっちゃけ苦しかったのです。全然話が進まなかった。
 
でも、途中で気づきました。一方で、自分も自分の話の仕方に囚われていたということに。
それを認識してからは話しやすくなって、結果的に個人と個人として手を繋げたように思います。私ができているかは分かりませんが、そんな風にして自分の足りなさに気づき、変化できる、それがサポーターをするにあたり大事なのではないでしょうか。

 

【Profile】
川元 浩嗣
株式会社Mi6 代表取締役 CEO / 一般社団法人 Papa to Children 代表理事
慶應義塾大学卒業後、
2006年4月 三井住友銀⾏⼊行。 8年半に渡り法人営業の一線で融資業務に従事。⾵力発電プロジェクトファイナンス、 外資系化粧品会社リキャップの案件を手掛ける。
2014年10月 SMBCベンチャーキャピタルにてVC業務に従事。
2015年5月 株式会社Mi6設立。同月、世界を変える第3の繋がり”X-エックス-”をローンチ 。
2016年11月 SMBCベンチャー会を創設
2016年12月 PtoC任意団体を設立
2018年8月 一般社団法人Papa to Children(略称PtoC)を設立し、共同代表に就任。

サポーターのお申込みはこちら